Blog記事一覧 > 腰痛 > 腰痛は冷やす?温める?

腰痛は冷やす?温める?

2017.04.04 | Category: 腰痛

 

 

腰痛は冷やす?温める?

 

 

南花台田辺整骨院・整体院で施術中に患者様からほんとによくある質問です。

 

「私の腰痛は冷やしたらいいですか?温めたらいいですか?」

 

みなさまの中にも疑問に思っておられる方、多いのでは?

 

結論から言うと

 

急性の腰痛の初日から3日位は冷やす。

慢性の腰痛は温める。

という事になります。

 

これだけではよくわかりませんよね・・・。

 

詳しく説明していきますね。

 

まず急性の腰痛と慢性の腰痛の違いとは何でしょう?

 

急性の腰痛の初期症状は強い腰の痛みが特徴です。

 

いわゆるぎっくり腰と呼ばれるものです。

 

突然の過度な負荷がかかってしまったり、蓄積されてしまった筋肉や腰椎の関節の疲労が限界を超えてしまい何かのきっかけで『グキッ』と腰に感じ、そこから強い痛みや、歩行や体位変換も困難な程の強い痛みの症状が出てしまうんです。

 

強い腰の痛みの原因となるのが筋肉の炎症です。

 

筋肉の炎症が腰周辺の発熱や、痛みを起こします。

 

こういった時に、温めてしまうと炎症が強くなるので症状が増してしまいます。

 

患者様の中にも急性の腰痛を日常生活の中で起こしてしまい、

 

「温めたら良いと思ってお風呂でしっかり温めてきました」

 

「カイロを腰に当てて温めてました」

と言われる方はとても多いです。

 

一般的には温めた方が良いと思いますよね。

 

でも全く逆なんです。

急性の腰痛の際に最も必要な事が炎症を抑えることです。

炎症を抑える為に冷却するというのが誰にでも出来る最も簡単な対処法になります。

 

急性期にしっかり冷やすことで、予後が全然変わりますよ~。

 

急性期の腰痛の際に3日位は冷やしながら腰に無理をかけず安静に過ごしていただけると、腰の筋肉の炎症が治まってきて、痛み、熱感共に軽減してきます。

 

次第に

 

 ・腰が重だるい

 ・腰が痛だるい

 ・腰や背中が張っている

 ・腰の筋肉が突っ張る

 ・お尻周辺が凝ったような感じ

 

といった症状に変わってきます。

 

そういう状態になってきたら、そこからは温めます。

 

 

お風呂、カイロなどでしっかり腰周辺の患部やお腹を温めてください。

 

温めることにより筋肉の緊張や硬さを緩和させ、筋肉の間を縫って走っている血管の血流量がUPします。

 

そうすると炎症が起きていた筋肉に酸素や栄養が循環するので、痛めてしまった腰の筋肉の修復や回復が促進されるんです。

 

これだけでは説明が不十分ですので、次回は腰痛は冷やす?温める?に関してもう少し詳しく、腰痛の方が家庭で出来るアイシングの方法や、温め方、南花台田辺整骨院・整体院の患者様から良くある質問を交えながらご紹介していきますね。

腰痛・ぎっくり腰の治療法に関してはこちらを参考にしてみて下さい

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

軆(カラダ)バランス整体・骨盤矯正・身体の歪みによる腰痛・肩こり・交通事故施術ならお任せください!!

南花台田辺整骨院・整体院

河内長野市南花台2-8-8

ご予約はこちら 0721-62-6662

交通事故でお困りの方はこちらhttp://nankadai-balance.com/jiko

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


LINE@お友達募集中(ご予約・お問合せも出来ます)

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒586-0077
大阪府河内長野市南花台2-8-8

駐車場

4台あり(女性にも停めやすい)

休診日

日曜日
※祝日は不定休(診療時は8:00~13:00 ※詳細は当院のスケジュールでご確認下さい)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。