骨盤矯正、産後に体がおかしくなってませんか?

こんなお悩みはありませんか?

  • 椅子に座るとつい脚を組んでしまう
  • 立つときに左右どちらかの脚に体重をかけてしまう
  • 仰向けに寝た時にお尻の骨が当たって痛い
  • 寝る時は横向きで寝てしまう
  • ウエストのくびれが左右で違う
  • 靴の減り方が左右で違う(靴の外側が減りやすい)
  • 骨盤矯正を受けてみたいが痛そうで怖い
  • ぽっこりお腹や下半身太りが気になる

骨盤が歪む原因

骨盤の歪みでお悩みのあなた、骨盤が歪んでいる原因は何だと思いますか?
一般的には骨盤矯正といえば、骨盤や背骨をバキッと矯正する施術が多いです。
ビフォー・アフターで一時的に脚の長さがそろったり、ウエストのくびれが左右対称になったりその場の変化はするが、またすぐに歪んでしまう。
それは骨盤が歪んだ原因が、直接骨盤にあるわけではないからです。

骨盤には上半身と下半身をつないで全身のバランスをとる大切な役割があります。
骨盤の歪みというと、骨が歪むことに重点をおきがちですが、もともとは骨盤の仙骨と腸骨の間にある「仙腸関節」の動きが、小さくなったり、大きくなったり、動く範囲が左右対称ではなくなってしまう状態の事を言います。

骨盤は、仙骨(せんこつ)・腸骨(ちょうこつ)・恥骨(ちこつ)・坐骨(ざこつ)の4つの骨から構成されています。
この「仙腸関節」の歪みによってこの4つの骨に大きな影響を与えてしまいます。

しかしそれぞれの骨は、骨単独では、動きません。骨を動かすのはすべて左右対称に付いている筋肉です。
左右対称に付いているはずの筋肉の状態が変わってしまうと骨盤のそれぞれの骨に左右いびつな力が掛かり結果的に骨盤が歪んでしまうのです。
大元の原因や問題を解決せずに、骨盤だけ矯正しても当然、すぐに以前と同じようになってしまうということです。


LINE@お友達募集中(ご予約・お問合せも出来ます)

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒586-0077
大阪府河内長野市南花台2-8-8

駐車場

4台あり(女性にも停めやすい)

休診日

日曜日
※祝日は不定休(診療時は8:00~13:00 ※詳細は当院のスケジュールでご確認下さい)