Blog記事一覧 > 患者様から良くある質問 > 「座る時に足を組んでしまうんですが…」

「座る時に足を組んでしまうんですが…」

2018.03.05 | Category: 患者様から良くある質問

「ついつい座る時に足を組んでしまうんですが…」

 

「組まない方が良いですよね?」

 

「足を組んで座ると骨盤が歪みますよね」

 

「いつも右足を上にして足を組んでしまうんですが、意識して逆にした方がいいですか?」

 

 

これ、とっても多い患者様からのお声です。

 

結論から言うと、

座る時に

 

【足を組むのが良いか?】

【組まない方が良いか?】

 

もちろん

 

【組まない方が良い】

 

です。

 

しかし足が組みたくなるのには原因があります。

 

みなさん、足を組んで座ると

 

「身体や骨盤が歪むような気がする」

 

頭ではなんとなく分かっていて気になっているんですが

 

足を組まずに座るとしっくりこない。

足を組んだ方が安定する。

 

その為、無意識で組んでしまう。

 

【足を組まずに座るとしっくりこない】

 

のは

 

骨盤の歪みや身体の歪みが原因です。

 

 

 

【足を組んで座るから骨盤が歪む】

 

というよりも

 

 

【骨盤や身体が歪んでいる】

 

から足を組んで座る方がしっくりして落ち着く感じがあるんです。

 

 

骨盤や身体が歪んでいない時や歪みの少ない時は自然と足を組まなくても座れます。

 

 

【姿勢を正す意識】

はもちろん大事です。

 

でも…

 

【骨盤や身体が歪んでいる】時に

 

足を組みたいのに、頑張って組まずに真っすぐ座ったり

意識的にやりにくい方で足を組んでも

身体がリラックスできません。

意識をやめると無意識にまた足をくんでしまいまい続きません。

 

歪みに逆らって姿勢を正そうとするとかえって身体や筋肉が緊張してしまいます。

 

足を組みたくなったら

 

頑張って組まずに真っすぐ座ろうとするよりも

やりやすい方の足を上にして足を組んで座ったら良いと思います。

 

 

その方が身体はリラックスできて、仕事の効率や身体のパフォーマンスは上がると考えています。

 

でも片方の足を組んだ方が楽という事は、

骨盤や身体が歪んでいるからだという認識は持っていただいて

それを整える事が大事です。

ずっとやりやすい側の足を組み続けて座ることが身体にとっていいという事ではありません。

 

骨盤や身体の状態を整えた上で、真っすぐ座っても違和感がなくなった状態で

良い姿勢を保つ意識が大事だという事です。

 

骨盤や身体が歪んだ状態で良い姿勢を意識するよりも、

先に良い姿勢が保てる身体の状態にしてから

姿勢が崩れないように意識する。

 

この方が効率が良いし続くと思います。

 

つまり

 

 

足が組んだ方が楽な時はやりやすい側を上にして足を組んで座る

そんな時は骨盤や身体が歪んでいる

骨盤や身体を整える

その上で良い状態が保てる意識を持つ

 

 

 

「これは鞄を片方の肩にばかりかけてしまう」

 

 

などという場合にも同じように当てはまります。

鞄も掛けやすい方の肩に掛けたら良いと思います。

後は先程お伝えした考え方と同じですよね。

 

「片方の足ばかり組んでしまう」

 

「片方の肩に鞄を掛けてしまう」

 

というのには理由があるんです。

 

それに逆らわずに、身体が発しているサインに耳を傾けて

出来るだけ楽~に生活を送りましょう。

 

 

「片方の足ばかり組んでしまう」

 

「片方の肩に鞄を掛けてしまう」

 

という方は骨盤や身体の歪みがある可能性が非常に高いです。

ぜひ南花台田辺整骨院・整体院へご相談ください。

 

お問い合わせ、ご予約はこちら

TEL0721-62-6662

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

LINE@からはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 


LINE@お友達募集中(ご予約・お問合せも出来ます)

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒586-0077
大阪府河内長野市南花台2-8-8

駐車場

4台あり(女性にも停めやすい)

休診日

日曜日
※祝日は不定休(診療時は8:00~13:00 ※詳細は当院のスケジュールでご確認下さい)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。