ホーム > Blog記事一覧 > 月経困難症の記事一覧

手先・足先が冷える原因

2018.03.08

河内長野市 南花台田辺整骨院・整体院 院長です。

患者様の中に手先・足先の冷えに困っておられる方が沢山おられます。

今回は冷えの原因についてのブログです。

冷えの2つの大きな原因

 

①物理的に血液中の赤血球が少ない

②自律神経系の乱れ

 

手足・足先の冷えの方は上記のどちらかが原因の場合が多いです。

 

①物理的に血液中の赤血球が少ない

血液中の赤血球量が少ない状態。

いわゆる貧血です。

赤血球は酸素を体中の細胞や体のすみずみに送り届ける役割がありますので

これが少ないことで体内の酸素量が少なくなってしまい、

エネルギーや熱を生み出すことが出来ず冷えを感じてしまいます。

 

②自律神経系の乱れ

自律神経系の乱れにより交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまっている状態。

自律神経系が乱れるとホルモンバランスが悪くなります。

これにより血管の拡張や収縮が弱まり、血液自体を運ぶ能力が落ちます。

赤血球量は問題なくても

血行が悪いという状態です。

血流が悪くなるため、大きな筋肉で熱を作ることが出来ずに冷えて寒いと感じる状態が続くというメカニズムです。

 

自律神経系のバランスの調節は基本的に睡眠時に行われているので、

しっかり熟睡できているかというのもポイントになってきています。

 

おなかの調子も冷えに関係します

胃や腸の消化力が落ちていたり(胃もたれ・胃痛・食欲がない・暴飲暴食)

便秘がちの場合、血液が消化を促進する為に胃や腸に集まります。

その分、脳や大きな筋肉行くはずの血液量が減ってしまい

冷えに繋がります。

これは自律神経系の乱れやホルモンバランスが関係します。

 

 

カイロや湯たんぽ、足湯、お風呂などで温めるのも効果的ですが

冷えの原因の部分からアプローチするのも大事です。

そのためには原因を特定する事が必要です。

 

今回は【手足の冷えの原因】についてお伝えしました。

次回は【冷えの対処法】についてお伝えしますね。

 

手足が冷えて困っている方、いつでもご相談くださいね。

 

 

お問い合わせ、ご予約はこちら

TEL0721-62-6662

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

LINE@からはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

【月経困難症】

2017.06.16

女性の方にとても多いお悩み。「月経困難症」

 

日常生活やお仕事に支障が出てしまうくらいしんどい生理痛です。

 

女性の生理期間中に生理に伴って起こる病的な症状になります。

 

【症状】

 ・下腹部痛

 

 ・腰痛

 

 ・鼠径部痛

 

 ・立ちくらみ

 

 ・脱力感

 

 ・イライラ

 

 ・憂鬱

 

 ・下痢

 

 ・食欲不振

 

 ・頭痛

 

 ・吐き気

 

 ・お腹の張り

 

 ・貧血

 

 ・脚のむくみ

 

 ・手足の冷え等

 

 

【2タイプの月経困難症】

 

❶機能性月経困難症

 

プロスタグランジン(生理の血液を排出するために子宮の収縮を促す物質)の過剰分泌が主な原因と言われています。

 

疾患があるわけではないが、卵巣や子宮が未成熟だったり、ストレスや冷えも原因になります。

 

思春期から20代の方に多いです。

 

 

❷器質性月経困難症

 

「子宮内膜症」「子宮筋腫」「子宮腺筋症」など原因となる疾患があり起こるものになります。

 

20代後半の方に多く、症状は生理初日から3日目頃を過ぎても続き生理期間以外に症状を感じる場合もあります。

 

 

【原因となる疾患】

 

①子宮内膜症:器質性月経困難症の中で最も多くみられます。

 

本来生育すべき子宮以外のところで子宮内膜組織が生育してしまい、痛みを引き起こします。

 

主な症状は強い生理痛です。

 

生理以外の腰痛、排便痛、下腹部痛、性交痛もみられます。

 

主に10代後半で発症し、閉経まで長期的に続く慢性の疾患。

 

 

②子宮筋腫:子宮の筋肉の1部が増殖してしまう腫瘍です。

 

生理の時の血液量の増加、血液にレバー状の塊が混じったりします。

 

 

③子宮腺筋症:子宮内膜組織が子宮筋層内に増殖してしまう疾患です。

 

強い痛みや生理の時の血液量の増加、貧血などの症状がみられます。

 

 

南花台田辺整骨院では【月経困難症】の症状の改善の為に、姿勢・バランス・歪みを分析させて頂いた上で自律神経と骨盤の調整を目的として軆(カラダ)バランス整体で施術していきます。

 

自律神経を整える事により

 

❶血液循環が改善され過剰に分泌されてしまったプロスタグランジンの排出促進

 

❷内臓の働きの活性化

 

❸女性ホルモン分泌の安定

 

❹ストレス軽減

 

などの効果が期待できます。

 

軆(カラダ)バランス整体を用いて骨盤の歪みを整える際には、腹斜筋・大腰筋・腸骨筋などの骨盤の動きに関係する骨盤の歪みの原因となっている筋肉の過緊張や左右の緊張差を取り除きます。

 

 

骨盤の歪みを整える事により

 

❶子宮口が拡張し経血の排出をおこないやすくなります。

 

❷骨盤内にある卵巣や子宮の働きが改善していきます。

 

過剰なプロスタグランジンが原因で筋緊張が持続的に続くと、血管が圧迫され、血流量が低下し、肩こり・首のこり・頭痛・腰痛・脚のむくみ手足の冷えなど色々な症状を引き起こしてしまいます。

 

身体の外側が緊張すると、神経の反射で内臓も緊張します。

 

子宮の筋肉も同じように緊張してしまいます。

 

軆(カラダ)バランス整体で身体の歪みやバランスを整え、交感神経の興奮を抑制することにより筋緊張を緩和した状態を維持しやすくなります。

 

こうしたメカニズムで軆(カラダ)バランス整体を受ける事により、子宮筋及び全身の筋肉の緊張緩和状態が維持できることで月経困難症を予防、改善することが出来ます。

 

月経困難症でお困りの方はぜひ軆(カラダ)バランス整体を受けてみて下さい。

 

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

軆(カラダ)バランス整体・骨盤矯正・身体の歪みによる腰痛・肩こり・交通事故施術・足つぼ健康法(若石足圧セラピー&リフレクソジー)ならお任せください!!

南花台田辺整骨院・整体院

河内長野市南花台2-8-8

ご予約はこちら 0721-62-6662

交通事故でお困りの方はこちらhttp://nankadai-balance.com/jiko

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

LINE@お友達募集中(ご予約・お問合せも出来ます)

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒586-0077
大阪府河内長野市南花台2-8-8

駐車場

4台あり(女性にも停めやすい)

休診日

日曜日
※祝日は不定休(診療時は8:00~13:00 ※詳細は当院のスケジュールでご確認下さい)